整備記録 足回り

フロントフォークのオイル交換  (2009年6月か7月頃? アップし忘れ)

Dsc00756

Dsc00766

  多少の凸凹でフロントサスがガツガツ底に当たるのでオイル交換をしました。フロントフォークを固定しているボルトを外し、中のゴムパッキンをとり、逆さにすれば古いオイルが排出できます。古いオイルは規定よりはるかに少なかったのがガツガツと底づきをしていた原因です。

サービスマニュアルによると、L 96cc、R 120cc とあるので上の写真のような太目の注射器があると便利です。ちなみにオイルはヤマハのG15、固めにしたかったのと、ミニトレ整備で参考にさせていただいているいのっちさんの真似させていただきました。

オイルシールの交換も検討しましたが、インナーチューブの問題箇所のメッキ剥がれがある場合、シールのみを交換してもすぐにオイル漏れが再発するようなのでそのままにしておきます。いずれインナーチューブを交換するなり、研磨して再メッキするかした時に交換です。

フロントブレーキの利きが悪くなり、整備することにしました(2009.9.27)

Dsc00479_3

Dsc00480

Dsc00486

高価なバイク用ジャッキなどありませんので、車用のジャッキで持ち上げて台をエンジン下に入れて作業を行ないます。ブレーキパット(ライニング?)の厚さは平均3mm以上あり、まだ使用可能です(使用限度は2mm)。多分、以前乗らなくなる前、交換したのではないでしょうか。ブレーキシューとタイヤのドラム内部にサンドペーパーを当てて修正します。ワイヤーにオイルを注入し、最後にフロントブレーキの遊びを考慮して(5~8mm)、ナットを締めれば出来上がり。写真は調整前。スポークも新しいのに変えたいね~。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191080/31644092

この記事へのトラックバック一覧です: 整備記録 足回り: